大津観光案内

比叡山延暦寺

比叡山延暦寺
Hieizan Enryakuji Temple

平安時代初期に、最澄により開創されたお寺で、その時代の仏教の中心を担った寺院で、比叡山の山上から東麓にかけてある三塔十六谷の総称が比叡山延暦寺です。
平成6年世界文化遺産に登録されました。秋には、圧巻の紅葉景色になります。もみじの枝越しの京都の街並みや、琵琶湖の景色は格別です。

アクセス

名神京都東ICから西大津バイパス・比叡山ドライブウェイ(有料)経由40分(東塔)
電車
JR比叡山坂本駅から徒歩20分または京阪坂本比叡山口駅から徒歩10分、坂本ケーブル乗換終点下車、徒歩10分(東塔)

近江神宮
Ohmi Jingu Shrine

ご祭神は大津京を建都した天智天皇。皇紀2600 年記念事業の一環として、昭和15 年、大津京跡に創建。『小倉百人一首』の第1 首目の歌を詠んだ天智天皇にちなみ、競技かるたの聖地といわれています。
競技かるたを題材にした漫画・アニメ「ちはやふる」の舞台としても有名です。

アクセス

名神京都東ICから10分
電車
JR「大津京」駅から徒歩20分、京阪電車「近江神宮前」駅から徒歩10分
近江神宮
日吉大社

日吉大社
Hiyoshi Taisha Shrine

全国3800社の日吉・日枝・山王神社の総本宮。天台宗・平安京の守護神。日吉大社の神様のお使いである「神猿(まさる)」は、「魔が去る」「勝る」に通じるようにつけられた名前であり、縁起の良いお猿さんです。神猿さんは、方除け、厄除け、必勝祈願、合格祈願にご利益があると言われています。

アクセス

西大津バイパス 滋賀里ランプより約5分
電車
JR 比叡山坂本駅から徒歩20分、または、京阪坂本比叡山口駅から徒歩5分

西教寺
Saikyoji Temple

聖徳太子がその恩師高麗の僧慧慈・慧聡のため創建、その後慈恵大師良源上人が復興させた、滋賀県大津市坂本にある、西教寺。元亀2 年(1571 年)、織田信長による比叡山焼き討ちの際に西教寺も焼失しましたが、坂本城主となった明智光秀により復興されました。境内には、明智光秀の妻・熙子が眠っています。

アクセス

湖西道路下阪本ICから10分
電車
京阪坂本比叡山口駅から徒歩20分、または、JR比叡山坂本駅からバス西教寺下車すぐ
近江神宮
浮御堂(満月寺)

浮御堂(満月寺)
Ukimidou Mangetsuji Temple

湖中に浮かぶお堂の景観は素晴らしく、近江八景「堅田の落雁」で広く知られている浮御堂。平安時代に恵心僧都源信が琵琶湖の湖上安全と衆生済度のため、湖中に仏閣を建立したとされ、琵琶湖に浮かぶ浮御堂には一千体の阿弥陀仏が安置されています。現在の浮御堂は昭和12年(1937)に再建されたものです。

アクセス

湖西道路真野ICから10分
電車
JR堅田駅からバス「堅田出町」下車徒歩5分(土・休日は「浮御堂前」までのバスあり)

ページ上部に戻る